北杜市大泉町の音楽教室です。ガーデニング、風景などを綴っています。

by asa-59

カテゴリ:読書・映画( 8 )

「最強寒波」が来ているそうで…。

今年は買い物以外はずっと冬籠りしてまして
また暫くはストーブの番かな?

少しずつでも動き出さなきゃ!
と思うんだけど…先送りになりそう。

今日は「永遠の0」観てきました。
読書後の映画鑑賞はストーリーを知っているだけに
感動は薄くなりがち。

零戦の戦闘シーンのスピード感や母艦の迫力  等々
自分の頭の中では、映像が膨らみ難く、想像力乏しいなぁ~と
いつもながら我が頭にがっくり。

原作・映画 
どちらが先でも感動必至。
d0183417_23572176.jpg


「岡田准一」 って
格闘シーンなくても(sp)、gun構えてなくても(図書館戦争)、絵になるわ~。




クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by asa-59 | 2014-01-09 23:57 | 読書・映画
昨日(1/31)は「愛妻」にの日だそうで…

たまたまですが、結婚記念日に近い日でもあり

映画と食事に行きました。


「渾身」は

公開日に一緒に行きたかったけれど

仕事で無理でした。(残念)

遅ればせながらやっと観に行けました。

d0183417_9364974.jpg
迫真の演技。


青柳翔さんの目力はすごくて伊藤歩さんとの無言の演技が素晴らしかった。


お勧めです!

是非、映画館で。

山梨は、シアターセントラルbe館にて上映中。








隠岐は私にとって特別の場所。

小6~高2まで文通していた「ペンフレンド」の住む町。

隠岐の自然や街並みを見て

K・Yちゃんはここで育ったんだと感慨も一入でした。


近い将来、隠岐を訪ねてみたいと思います。




川上さん!

原作も良かったですが、

映画も感動しました!

新作待ってます♡




クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by asa-59 | 2013-02-01 09:54 | 読書・映画
水曜日、夫と50歳以上夫婦割引で、

「レ・ミゼラブル」観てきました。


久々のミュージカル映画は、正直疲れた。

当たり前だけど、映画の無言の演技が無い訳で、

台詞、心の声までが「歌」だからやたら字幕が多い。

しかも、二人三人とハモリながらそれぞれ歌詩が違う。

ああ、忙しい。


だが、しかし

最初から最後まで引き込まれっぱなしでした。


深く考えさせられた、良い映画でした。

私は、ジャンバルジャンの「赦し」に自分の心を見つめろ!

と言われた気がしました。


パンフレットも売り切れ。

詳しく読みたかったなぁ…残念。


身曾岐神社
d0183417_0172100.jpg

能舞台の周りの池が
全面結氷していました。


今年の寒さは
厳しいですからね。




帰りに初詣に神社に行ってきました。

本当に遅ればせ…ですが、初めて行くから「初詣」…であります。


pureな気持ちにはなれても、

持続しないのは、「怠惰」や人の「業」なのでしょうか?

歳と共に丸く、純粋な心で行動できる人になりたいと思う。


そんな日が来るのだろうか。




クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by asa-59 | 2013-01-11 00:43 | 読書・映画
気温は高いですが、夏の青空は不在です。
八ヶ岳も富士山もかすんでいて、見えても墨絵の様。

スッキリ晴れた深い緑の八ヶ岳が見たい。

さて、この花は何だか分かりますか?
d0183417_2363864.jpg


引いてくると分かりますね。
d0183417_23112897.jpg

八重咲きの「ポーチュラカ」でした。
すごくカワイクてお気に入りなんです。

ルドベキア・タカオ
d0183417_23161572.jpg

目の醒めるような黄色を真ん中の黒が引き締めていますよね。

マリーゴールド(アフリカン)
d0183417_23213237.jpg

この大きめでクリーム色のポンポンの花が
花の少ないこの時期の花壇を賑わせてくれてます。
結構好き。

アガスターシェ
d0183417_23335918.jpg
去年、種から育てたアガスターシェ。
無事越冬して花が咲きました。


宿根だったのね。

どこかで、
ピンク見たなぁ…


良い香り♡












「KAGEROU」  斎藤智裕 著
読みました。
半年ちょい前、話題になった水嶋ヒロの処女作。

「生と死」「肉体と魂」「命」医療系でもあり…

まあまあ 良かったし、すんなり読めるのでおススメです。




クリックしてね。001.gif

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by asa-59 | 2011-08-17 00:21 | 読書・映画
今日も中学生のレッスン中に地震がありました。
そして先ほども…。
山梨に居ても怖いのですから、東北地方の方は
震度も高く、あの津波の怖さがフラッシュバックされ
本当に怖くて辛いと思います。

早く余震が無くなる事を祈るばかりです。

最近読んだ本の紹介です。
d0183417_20561589.jpg

久々の東野作品は一気に読み終えてしまう程、面白かった。
13秒の間にある事が起きた人々が別の世界に紛れ込んでしまう。
そこは、地震や水害で壊滅状態の東京。
震災の後だっただけに、オーバーラップして読むのが
辛かった。
その中での「誠哉」のリーダーシップに敬服した。

d0183417_21515148.jpg

この二作品は第7回「このミス大賞」(このミステリーがすごい!)
受賞作で、選考委員の意見が二分されてのw受賞だったので、
読み比べてみたい!と思いました。

私は「臨床心理」に一票です。
臨床心理士の立場から患者さんを救うために
知的障害者施設での疑惑を探っているうちに巻き込まれていく…。
女性がここまで書く!と驚きのラストでした。
これが処女作と言うからまたまたすごい。

d0183417_21535758.jpg

石田三成の水攻めにも落城しなかった「忍城」(おしじょう)(埼玉県行田市)
そこには、成田長親と言う『のぼう様』(でくのぼう)と呼ばれた城主がいた。
のぼう様は単なる馬鹿者なのか?類稀なる名将なのか?
判然とはしませんでしたが、人望の厚い人だった事は分かります。
近々映画も公開されるので楽しみです。

このところ計画停電が休止しているせいか
薄暗いお店に入って「そうだった」と思う有様。
節電の意識が薄れているなと反省。
夜中までの読書 ほどほどにしましょう。008.gif

クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by asa-59 | 2011-04-11 22:27 | 読書・映画

順調です。

目標 年間50冊。
20数年前「ノルウェーの森」を読んで村上春樹をスルーした私でしたが、
「ノーベル文学賞」に1番近いと言われている作家を読まないのは
「勿体ない!」と思いた立ち話題の(遅い!) 「1Q84」を読んでみました。
月1ペースで村上作品を入れて、読破しようと思っています。

d0183417_23484764.jpg


1冊平均550ページの3巻の大長編は読み応えたっぷり。
(実はちょっと飽きたけど)読んでよかった。
でも私、大どんでん返し、期待を裏切られるミステリーが好きだわぁ。


クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by asa-59 | 2011-02-16 00:09 | 読書・映画
12月に24年振りに読み返した「ノルウェイの森
「あまり良くなかった」の印象が→「深くて面白い」に変わっていた。
(私も少しは成長したと言う事か…)

映像にするには、不可能と言われていた映画が公開され、
「是非とも見たい!」と思いました。
原作を読んで映画を観る。が私流。
内容も流石に忘れていたし、滅多にしない再読。
(その当時の本は何と書体が違う!いつ変わったのでしょう?)

読みながら、どうしても松山ケンイチが、菊池凜子がオーバーラップして…
実は「キャスティングミス?」と思える程登場人物と噛み合わない気がして…。
告知の映像とビートルズの6/8拍子の「ノルウェイの森」のメロディーが
妙のこだまし、古い楽譜を引っ張り出して弾いてみた。

そして劇場へ。

d0183417_9114879.jpg
















年齢的にも少々無理のある(?)スクリーンの中の二人を
(ギャップをどう埋めながら観ようか?と思っていたから)
ちょっと驚き。
いつのまにか本の中の渡辺と直子に重なっていた。
今までのイメージを変える演技をするのですから
俳優さんてやっぱりスゴイ。

d0183417_9225318.jpg



久々に買ったパンフレット。
レコード盤のようにケースに収まっていました。

懐かしい。






直子には「好きだよ」としか言わなかった渡辺が
緑に「愛してる」と言うシーンが印象的でした。

愛と死と生(性)
村上春樹氏の描く世界観が出ていた気がします。


クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by asa-59 | 2011-01-20 09:36 | 読書・映画
 最近の読書 感動しました! 

             「天地明察」 ウブカタ トウ著
d0183417_0535324.jpg

 囲碁の本因坊家と並ぶ安井家の子「安井算哲」=「渋川春海」の算額絵馬から
 始まる人生の物語。 帯にある通り、
 「碁打ちにして数学者・20年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!!」

 時代小説なのでとっつきにくいかも知れませんが、おススメです。
 後半の晴海の「先手」(根回し?)は小気味良い限り。

 数学の試験解答に「御明察」なんて書く粋な先生いないかしら?016.gif
 
d0183417_1272490.jpg

今年映画化・上映された2冊。
 (ごめんなさい「告白」はもっと前に読んでます)
 「告白」は映画も見ました。1人称の変化をどう表すのか?と思っていたら、
 ナレーションで変えていました。その手があったか!
 フィクションとは言え、嫌ですね先生も生徒も。

 「悪人」は深津絵里さんが賞を貰ったと言うので見たい気もしますが、
 ちょっと??
 妻夫木さんは小説を読んでこの役を演じてみたいと言っていましたが、
 男性は違った受け取り方なのでしょうか…。
 実際に手を下した人は犯罪者。策略したり、罵った方は無罪。
 どちらが悪人?
 
d0183417_1581988.jpg

  「四日間の奇跡」
 事故でピアニストにとって命より大事な指を失ってしまう主人公と脳に障害
 を持つ少女が不思議(奇妙?)な体験を通し心と体の「痛み」を癒され奇跡
 まで呼んでしまう物語。
  「君の名残を」
 平安時代にタイムスリップしてしまう高校生。歴史で習った人物が目の前に… 
 しかも愛する人の最後を知っている…。泣けます。

時代小説は「しゃばけシリーズ」「宮部みゆき」を数冊読んだ程度で難しかった。
でも、はまりそうです。
[PR]
by asa-59 | 2010-10-14 02:42 | 読書・映画